ダメージレス縮毛矯正を導入しました

2021/01/11

何故縮毛矯正を再開したのか

クセを活かす髪型は、基本的にはショートにする必要があります。例外的に細い毛の方はロングやボブでも活かす事は可能です。詳しくはこちらをご覧ください。

しかし、いままでのやり方では、どうしてもショートにしたくない方や、細かくの強いクセのお客様には対応出来ない事もありました。

縮毛矯正で一番嫌なのが、傷む事と板のように真っすぐになり過ぎる所でした。しかし最新のストレートならこれらの問題を解消できそうだと思い、試してみました。

どういう縮毛矯正なの?

従来の縮毛矯正が傷む原因は、強いアルカリで髪を軟化膨潤させて毛髪内の結合を切っていたのですが、このストレートは、結合は切りますが軟化膨潤を全くしません。簡単に言うと酸熱トリートメントと弱いストレートのダブル効果でマイルドにクセが伸びるという事です。髪が一番健康なphでかける縮毛矯正なのでダメージが少ないのが特徴です。

仕上がりの特徴は?

トリートメントをしたような指通りで、ボリュームがダウンします。クセは真っすぐになり過ぎず多少残ります。

元々ビリビリとちりついているブリーチ毛や縮毛矯正毛でもチリつきが収まってサラサラになります。

実例

友達にモデルになってもらいました。毛髪の状態は毎月自分でカラーをしているハイダメージ毛、毛半分は縮毛矯正がしてあって、毛先にはビビりがあり、手ぐしは引っかかる感じでした。

before

 

after

右後ろのクセが残りましたが、ボリュームがかなり収まりました。手触りはトリートメントをしたようなしっとり滑らかな感じで、感動的な指通りでした。

5日後にカットに来てもらいレイヤーを少し入れました。巻いても形がつきやすくて、しなやかな印象でした。ブロー全くしていません。

実例②

根元4センチ新生毛、それ以外に縮毛矯正があり 表面は縮毛矯正がしてあるのにハイダメージのせいでビビりがありクセ毛のように膨らんでいました。

before

after

全体的に手触りが良くなって、ちりついて膨らんだ表面が落ち着きました。縮毛矯正のように潰れたような真っすぐではないので自然な感じです。

元々縮毛矯正のしてあった毛先が真っすぐ過ぎるので毛先だけ巻いてみると

これなら朝毛先巻くだけなので楽になりました!全頭このストレートになれば毛先にパーマが掛けられるので、毛先パーマをするのも有りだと思います。

 

このストレートのメリットデメリット

メリット

①メリットはとにかく殆ど傷まない。

一番凄いのが後からパーマが掛けられるって所!縮毛矯正は一回したら普通パーマは出来ません。

③ブリーチ毛でもストレートが出来る。ブリーチ毛は縮毛矯正は危険過ぎて普通出来ませんが、良い手触りになりビビりが収まります。

➃真っすぐになり過ぎず自然な仕上がり。毎日のブローが楽になります。

デメリット

①完璧には真っすぐにならないので、クセを無くしたい方には不向きです。

②黒髪の強いクセ毛は効かないので普通の縮毛矯正をオススメします。

最後に

料金ですが、カット別でS~L¥10000 LLは長さに応じて¥500ずつ加算させて頂きます。よろしくお願いいたします。