酸熱トリートメント実験中


 酸熱トリートメントとは?

従来のトリートメントは髪質の良くなる成分を髪に入れて、その成分同士を結合させて大きくする事で流出しにくくした上で、髪の表面をコーティングして疎水化(水をはじく)して手触りを良くする物でした。

対して、

髪を完全に乾かしても蒸発しない結合水は、ダメージ毛になると減少してしまいますが、酸熱トリートメントは

特殊な酸を使うことで髪の中の結合水を復活させるというトリートメントです

酸熱トリートメントのデメリット

調べてみると、

何回もやると髪が硬くなる

失敗すると逆にチリチリになる

カラーの色が抜ける

など否定意見も多数でてきました。

硬くなる症状は使う薬を徐々に変えていく事で対応できそうです。

チリチリになった事案は個別でわかりませんが、前処理とブローやアイロンの仕方で対応できそうです。

カラーに関しては使う薬の種類や手順で対応できそうです。

モデルさんでお試し

今日のモデルさんは、縮毛矯正がしてある髪にデジタルパーマがしてあります。

この後シリコンを除去するシャンプーをしっかりやると、結構ギシッと軋んでゴワゴワ膨むかんじでした。

 

 

酸熱トリートメントは薬を付けて加温した後、仕上げにアイロンをすることで結合させるのですが、

それだと効果が全く分からないので、アイロン後にもう一度シャンプーをしまして、手ぐしで乾かしてみました。

after

しっとりした手触りでサラサラになりました。全体的にボリュームが落ち着いたのが分かります。

毛先のチリつきが収まって綺麗なカールに変わりました。

使用後の感想

アイロン後にシャンプーをしてるので、よくネットで見かけるツヤツヤ過ぎる仕上がりではありませんが

美容師になって反応型など色んなトリートメントやってきた中で一番の効き目で間違いないですね。

色は今回は全く落ちませんでした。パーマも落ちませんでした。濡らしてワックス付ければ綺麗なカールが出たはずです。

もっと毛先にツヤを出すやり方が分かったので、もう少しモデルさんで練習して実用化を目指します。

 

トリートメントパーマの実験

パーマと同時進行で出来る新しいタイプのトリートメントもためしています。

こちらも髪の密度を上げて水素結合を促すトリートメントです。

細かくチリチリしている髪なんですが、いつもよりきれいなリッジが出て髪にコシが出た印象でした。

特にチリつきが収まった印象です。

after 

ムースを付けた写真で効果は分かりにくいかもしれませんが...

 

もう少し試したら実用化したいと思います。